ポケモンゴーが観光客を集める!?GPSを利用した過疎問題への改善策とは?

ポケモンゴー

日本での公開に先駆け、アメリカで7月6日に公開されたポケモンゴーというGPSを利用したスマホゲームですが、あまりの人気にアメリカでは社会的に大きな影響が出ています。

ニュース・日常の会話はポケモンの話で持ちきりで、ポケモンの話を聞かない日は1日もないです。

BBSでもポケモンが交通手段に与えた影響について書かれていました。(英語です。どんな社会現象が起こっているかというポケモンゴーがもたらす興味深い現象も見ることができますし、英語の勉強も兼ねて読んでみては?)

How to Pokemon Go is changing transport

ポケモンゴーについて聞いたことがないという人は下の記事をご覧ください。

アメリカで大流行中のポケモンゴーとは?使い方、メリット・デメリットをまとめてみた!
アメリカで大流行中のポケモンゴーとは?使い方、メリット・デメリットをまとめてみた!

ポケモンゴーには大きなビジネスチャンスが潜んでいる

ポケモンゴーは特定の場所に人を集める?

ポケモンゴーは他の無料でできるスマホゲームとは違い、ゲーム内の課金のみが収益の手段ではありません。

日本で一番よく知られているであろう「パズドラ(パズル&ドラゴンズ)」を例にとって見てみると、パズドラを所有している会社「ガンホー・オンライン・エンターテイメント」はゲーム内のプレーヤーが魔法石という課金アイテムを購入することでしか収益を得ることができません。(他にもコラボが考えられますが。)

そういった従来のゲームとは違い、ポケモンゴーはそのゲームの特徴である、GPS(位置情報システム)を商用利用することができます。

GPSを使い、人を特定の場所に集めることができるのです。

ポケモンゴーは位置情報を利用する

例えば、新しいお店の認知度を高めたい、イベントに人を集めたいという企業が任天堂(Niantic)に広告費を支払い、その場所をゲーム内で使用する特別な場所(ポケストップ・ジム)として指定することで、ポケモンゴーのプレイヤーをそこに集めることができます。

お店側としては人を集めることができて、任天堂は広告費を得ることができるというWin-Winの関係ができあがります。

過疎化が進む地域に人を集めることができる

このGPSを利用したポケモンゴーを現在日本で進んでいる地方の過疎化問題改善につなげることができます。

例えば、特定のレアポケモンをある一部の地域でしか捕まえることができないという仕組みを作れば、ゲームのプレーヤーはポケモンを捕まえるためにその場所に行かざるを得なくなります。

人が移住することはないとは思いますが、少なくとも人の流れは生まれるようになります。

ポケモンゴーにはカメラを使用してその場所の写真を撮ることができますから、SNSでの拡散を通してその土地の認知度を高めることができます。

まとめ

ゲームが現実世界の位置情報と組み合わさることで、ゲームの域から外れた面白い使い方が見えてきています。

運動不足・引きこもり改善、新しいビジネス、過疎化解消と、いろいろなメリットが見えてきてこれから先のポケモンゴーの未来が楽しみですね。

ポケモンゴーのメリット・デメリットはこちらから。

アメリカで大流行中のポケモンゴーとは?使い方、メリット・デメリットをまとめてみた!
アメリカで大流行中のポケモンゴーとは?使い方、メリット・デメリットをまとめてみた!