留学費を削減する方法!ど田舎アイオワ州に留学することの利点とは?

電卓

アメリカの州立大学で正規の学生として授業を取りたいと思うと、州内の学生に比べて数倍の費用がかかります。

カリフォルニア、ニューヨークなどでは、州内の学生に比べて3倍の授業料がかかります。

一方、私の滞在しているアイオワ州ではその通りではありません。

私の大学は州内の生徒と留学生の授業料はほぼ変わりません。(正確には20%増しです。それでも3倍の費用がかかるカリフォルニア、ニューヨークに比べ、はるかに安いといえるでしょう。)

それはアイオワ州は留学生を促進するために、税金を使って留学生を補助しているからなのです。

人種のサラダボウルと呼ばれるアメリカ

photo-montage-1514220_1920-min

さて、その理由を説明する前に一つ質問をさせてください。

アメリカは「人種のサラダボウルだ」と言われているのを聞いたことがありますか?

特にカリフォルニアやニューヨークで顕著に見られるように、多くの人種が入り乱れ、実に様々な人が混在しているためこのように呼ばれています。

大学においてもその傾向はよく見ることができます。

世界一の国を長年誇っていることだけあって、世界中からアメリカで勉強をするために学生が集まってきます。

大きな大学に行くと世界各国からそれぞれの夢を叶えるためにアメリカへと留学してきている学生を見ることができるでしょう。

なぜアイオワ州の授業料は安いのか?

しかし、アイオワでは必ずしもその通りではありません。

1度アイオワ州に行ってみるとよくわかるのですが、アイオワ州では白人が人種の割合のうちほとんどを占めています。

メキシコからの移民以外に、海外からの移民というのはほとんど見当たりません。

移民受け入れの少ない日本では人種が偏っているというのは違和感など何もない、全く普通のことですが、このアメリカではあまりそうではないのです。

加えてアイオワ州はアメリカの中で指を数える位に何もないところの一つです。

アメリカ人ですら、州の名前を間違えたり、どこにあるのか見当がつかない人がいるくらいです。

見渡す限り広がるのはとうもろこし畑、これといった都会の遊びは一切ありません。

加えて冬になると−30度まで寒くなり、雪に覆われる。一見して欠点ばかりのアイオワ州を、わざわざ留学先として選ぶ海外からの学生もいないわけです。

留学費を削減する方法!ど田舎アイオワ州に留学することの利点とは?
留学費を削減する方法!ど田舎アイオワ州に留学することの利点とは?

大学運営に必要なこと

話が変わりますが、大学は一つのビジネスです。何かに秀でていることがあれば、多くの学生が集まってきますし、そうでなければすたれていきます。

日本の大学でも地方の大学が生徒不足のために潰れているというのが問題になっていますよね。

そんなアメリカの大学の宣伝において、人種の多様性というのは重視される一つの項目です。

他の人種が入り乱れている州の大学に比べ、多様性の少ないアイオワ州の大学は魅力に劣るところがあるでしょう。

学生にとって魅力的な大学であるために、アイオワ州の大学はなんとかして留学生を集めていかなければならないのです。

その一つの方法が授業料です。

カリフォルニアやニューヨークなどの大学が非常に高額の授業料を取るのは、人気があるため、費用を高くしても学生が集まってくるからです。

それらの人気のある大学に比べ、安い授業料で教育を提供することができれば、それは留学生にとって魅力のある大学になるのです。

こうしたメカニズムでアイオワ州の大学は他の州に比べてリーズナブルな価格で留学をすることができます。

アイオワ州だけでなく、他の人気があまりない地方の大学もその通りです。ネブラスカ州、アーカンサー州、ノースダコタ州など中西部の大学にこのような傾向がみられます。

まとめ

私はまんまとこのアイオワ州の作戦に引っかかった生徒のうちの一人です。

ですがこの価格帯でなければ留学できなかったわけですし、Win-Winの関係ともいえるでしょう。

結果として、楽しい留学生活を低価格(それでも日本の大学よりは断然高いですが)で送ることができています。

格安アメリカ大学!コミュニティカレッジ留学でかかる年間の学費
格安アメリカ大学!コミュニティカレッジ留学でかかる年間の学費

カリフォルニアやニューヨーク、きらびやかな大都市に比べ、魅力に欠ける地方への留学ですが、費用の面でお悩みの方は検討してみてはいかがでしょうか?

英語の勉強の観点から見ると逆に利点と取ることもできます。

英語上達の近道。アメリカ語学留学に田舎がオススメな2つの理由
英語上達の近道。アメリカ語学留学に田舎がオススメな2つの理由