アメリカで大流行中のポケモンゴーとは?使い方、メリット・デメリットをまとめてみた!

ポケモンゴー

アメリカで爆発的に流行しているポケモンゴーというスマホゲーム。最初は単なるスマホのゲームと思い、気にもかけませんでしたが、あまりの人気に社会的に影響が出るほどとなっています。

調べてみるとなかなか面白そうなのでインストールして試しに遊んでみました。

Pokemon Goとは?

Pokemon Goとは任天堂の子会社Nianticが製作したスマホアプリゲームです。

今までのスマホゲームとは一味違い、現実世界の位置情報を利用してポケモンを捕まえます。いわゆる位置ゲーです。

ポケモンゴーは位置情報を利用する

スマホのカメラを使い、現実世界をスマホ上に映し出しつつ、ポケモンがその画面に映るので、まるで現実にポケモンがいるかのように見えます。

ポケモンゴーはカメラを利用する

実際に見た方がわかりやすいでしょう。

このビデオを見てみるとなんだかワクワクしてきませんか?

ゲームの趣旨は?

このゲームで行うことは大きく分けて二つです。

ポケモンを捕まえて、戦わせる。

でもそれは本来のポケモンとは少し違ったものになっています。

オリジナルのポケモンではポケモンを捕まえるときに手持ちのポケモンと戦わせて、相手が弱ったところでモンスターボールを投げ、捕まえますが、このゲーム内では違います。

手持ちのポケモンと野生のポケモンの戦闘は一切なく、自身のモンスターボールを投げる技術によってポケモンを捕まえられるかが決まってきます。

ポケモンの捕まえ方

野生のポケモンとの戦闘がない分、ジムでポケモンを戦わせることができます。これもオリジナルのものとは少し違い、ターン制ではありません。

画面を素早くタップして、その早さに応じて攻撃回数が変わります。

もう一つ違うポイントは戦う相手はコンピュータではなく、現実のプレーヤーになります。そのジムを制覇したポケモントレーナーが手持ちのポケモンをジムに置いているので、他のプレーヤーはそのポケモンに挑戦を挑むことになります。

ポケモンゴーのジム

日本での配信はいつ?

現在(2016/07/14)では日本での配信に先駆けて、アメリカ、ニュージーランド、オーストラリアで遊ぶことができます。

現在公開中の国ではかなりの人気が出ていて、特にアメリカではとんでもない人気で公開後わずか3時間でアプリランキングで一位に上がったほどです。

アクティブユーザーはすでにTwitterを上回ると言っている記事も見つけました。あまりの人気に社会的に大きな影響が出ています。

日本では数日中に公開されるようですので楽しみですね。

メリット

さて、ゲームの概要を一通りまとめたところでメリット・デメリットを見てみましょう。

部屋に閉じこもっていないで外に出ることができる

従来の部屋に引きこもっているだけで遊べるゲームとは違い、外で出歩かなければ一切ポケモンを見つけることができません。

ポケモンを捕まえるためにモールへ行ったり、近所を散歩してみたりと外を出歩くいいきっかけになります。

他にも教会がゲーム内で重要な「ポケストップ」という場所に設定されているために、アメリカの若者がポケモンをしに教会に行き始めているというのはなかなか面白い話ですね。

ポケストップ

運動するきっかけになる

私が実際にインストールして遊んでみて気がつきました。

オリジナルのポケモンと同じようにゲーム内にはタマゴの機能があります。2km・5km・10kmのいずれかが書かれた3種類のタマゴがあり、それを孵化させるためには現実世界でその書かれた距離分歩く、もしくは走る必要があります。

ポケモンゴーのタマゴの機能

スピード制限がされており、ある一定のスピードを超えるとカウントされないようになっているので車で運転する際には距離は増えません。

そのため、歩く・走る・サイクリングのいずれかをする必要があり、運動をするいいきっかけになります。

筆者もこのゲームをインストールしてから朝早起きして外をランニングする習慣がつきました。

現実世界の友達を作ることができる

ポケモンが多く集まる場所にはトレーナーも多く集まるので、ポケモンをきっかけに友達ができるなんてことにもなりそうです。

アメリカ人がMetric System(メートル法)に慣れる

世界ではメートル法が統一規格として定められていますが、アメリカは頑なに考えを改めず、先進国で唯一(他にはリベリアとミャンマーのみ)Inperial System(帝国単位)を使用しています。

ゲーム内ではアメリカでは使われていないメートルが使用されているので、アメリカ人はメートルで理解しなければなりません。

実際にGoogleではマイルからメートルへの変換を検索する人が急増しているそうです。

これがきっかけでアメリカもメートル法への変更を考え直してくれればいいなと願っています。

デメリット

他の人に見られると恥ずかしい

ポケモンを探すためにスマホを持ち歩きながら特定の場所を歩き回ることになります。

私は友人とポケモンを探すためにある建物の周りを10周もグルグルと回りました。もしも誰か知り合いに見られていたらと思うと恥ずかしいですね。

アメリカ結構ラフな文化があるので大丈夫かもしれませんが。

アメリカの学生はなぜあれほどにもラフな格好なのか?
アメリカの学生はなぜあれほどにもラフな格好なのか?

他にもポケモンを捕まえるために他人の家に不法侵入を行ったというケースもあるようです。

盗難や転倒事故など報告が上がっている

歩きスマホによる転倒事故、ポケモンが多く集まる場所に人を寄せ付け、盗難を行うという事例が上がっているので注意が必要です。

いろいろな場所を移動することでポケモンが見つけられることから運転中はついポケモンをいじってしまいがちですが、アメリカMissouri州では運転中にポケモンゴーをやっていたことが原因とみられる死亡事故も発生しています。

まとめ

様々な問題も起こっていますが、気をつければ防げる問題ばかりです。外に出て運動するきっかけになるという大きな利点もあることから、インストールして損をするゲームというわけではないです。

他にも特定の場所をゲーム内で設定することでゲームをやっている人たちがそこに集まりますから、それが新たなビジネスチャンスにつながりそうです。

ポケモンをやっている若い世代の集客をしたいお店がポケモンゴーと提携して集客をしたり、現実のイベントに合わせて特定の場所であるポケモンが手に入るとかですね。

ポケモンゴーが観光客を集める!?GPSを利用した過疎問題への改善策とは?
ポケモンゴーが観光客を集める!?GPSを利用した過疎問題への改善策とは?

私はこのゲームをきっかけで運動を始めましたし、健康面でも大きな期待がされています。

このゲームが今後どのような方向性をたどっていくのかとても楽しみですね。

ありがとうございました。