コミュニティカレッジに進学している大学生が教えるメリット・デメリット

アメリカのコミュニティカレッジ

こんにちは、アメリカアイオワ州のコミュニティカレッジで勉強しているポートレートフォトグラファーKeiです。

去年の8月にアメリカに来てから色々苦労をしながらも無事に1年間の教育を終えました。1年目を振り返り、コミュニティカレッジのメリットとデメリットをまとめてみたのでコミュニティカレッジに進学を考えている人は参考にしてみてください。

コミュニティカレッジとは

州の税金によって運営されている貧しい家庭にも教育を提供することを目的に設立された高等教育機関で、名前の通り地域との密着も強いです。

州の税金で運営されているため、州内の学生であればリーズナブルな価格で大学の授業を受けることができます。留学生に対しても、他の4年制大学に比べて半分近くの授業料で教育を提供しています。

コミュニティカレッジは日本でいう専門学校と短大の要素を持ち合わせています。

一般的には現地の学生が高校卒業後に就職のための前段階として職業訓練を行うか、高額な大学費用を削減するために2年間コミュニティカレッジで勉強してから四年制の大学に進学します。

高校卒業後の学生のみならず、定年退職したお年寄り・仕事を変えたいと考えている社会人だったり、生徒の年齢に幅があるのが大きな特徴です。

コミュニティカレッジに進学することのメリット・デメリット

色とりどりの色鉛筆

メリット

  • 値段が安い
  • 英語要件が低い
  • 学校が小さく馴染みやすい

デメリット

  • 教育のレベルが4年制大学に劣る
  • 取れる教科の幅が大学に比べて狭い
  • 学生の多様性が低い

それでは一つ一つ見ていきましょう。

メリット

値段が安い

州の税金で賄われているために4年制大学に比べて費用が半分近く安いです。

学校の規模が小さく、維持費があまりかかっていないのも費用が安い大きな要因となります。

格安アメリカ大学!コミュニティカレッジ留学でかかる年間の学費

英語要件が低い

高校の延長線上にあるような形のコミュニティカレッジなので、授業の質が4年制大学ほど高くありません。

よって入学時の英語の必要条件もTOEFLiBT60点前後とiBT80点からiBT100点を求める4年制大学に比べてかなり低くなります。

英語に自信のない生徒は4年制大学付属の英語学校に行ってから大学に進学するという方法をよく取りますが、英語学習の場としてコミュニティカレッジに進学してしまうという手もあります。

私はコミュニティカレッジに進学し、英語に慣れる時間を設けることができたのは大きな利点だと思っています。

追記(2016/08/10):英語力がなくても留学することができる条件付き入学についてまとめました。

コミュニティカレッジには英語力がなければ入れないのか?
コミュニティカレッジには英語力がなければ入れないのか?

学校の規模が小さく馴染みやすい

友達と一緒に写真を撮っているところ

私の通っているコミュニティカレッジは小さな町のはずれにある1000人を少し超えるくらいの生徒が通う大学です。

クラスの規模も20人以下、ときには5、6人ということもあります。教授との距離が近い分気軽に質問をしに行くことができるのがコミュニティカレッジの大きな魅力といえるでしょう。

デメリット

上の3つに比べてデメリットはメリットを裏返したような形です。

教育・設備のレベルが劣る

4年制の大学と比べ半分以上学費が安いということがあって、教育のレベルは少し劣ります。

有名な教授がいるなんてことはありませんし、設備もあまり良いものではありません。

特にスポーツをするとなるとその設備の差は目に見えて分かります。スポーツに力を入れているD-1と呼ばれる超大規模大学には屋外トラック、室内トラック、野球場、サッカー場、アメフト場など素晴らしい設備が整っていますが、私の行っているコミュニティカレッジには室内トラック、野球場はおろか、屋外トラックさえありません。

取れる教科の幅が狭い

履修できる科目の数が少ないというのもコミュニティカレッジの欠点の1つになります。

提供する科目数が増えれば増えるほど、教室の数や先生の人数を増やさなくてはいけないので、安価に教育を提供することを目的としているコミュニティカレッジには多くの専攻分野を提供することができません。

もしも学びたいことが明確に決まっているのであればその点に関して物足りないかもしれません。

学生の多様性が低い

落ち込んでいる男の子

コミュニティカレッジは地元の生徒に教育を提供することを第一の目的としているので一般的に生徒の多様性はかなり低いです。

これは大きな大学のように海外に広告を出したり、留学生に奨学金を出して世界から生徒を呼び集めたりするということをしていないからです。

多様性が少ないと英語が勉強できるのではと思うかもしれませんが、気をつけなくてはならないことがあります。

そのような学校の学生は他の人種や文化への理解が浅く、馴染むのに時間がかかったり、私は経験したことがないですが人種差別のようなことを受けることもあるかもしれません。

*全てが多様性の低い大学というわけではなく、私の通っている学校のように生徒の多様性に力を入れているところもあります。留学生専用に予算が組まれていて、定期的に留学生のためのイベントが行われています。

留学して気がついた社会的弱者であることの強み

まとめ

コミュニティカレッジには安いという大きな利点がある一方で、その安価な教育を提供するために削らなければいけない部分が出てきます。

お金に余裕があるのであれば4年制大学への進学をするに越したことはないですし、費用を節約したいのであればコミュニティカレッジという選択肢も出てきます。

コミュニティカレッジから留学を始めて良かったと思う3つの理由
コミュニティカレッジから留学を始めて良かったと思う3つの理由

そのメリット・デメリットを理解した上でうまくコミュニティカレッジを使うことができれば大きく留学費用を節約することができるでしょう。

私の進学しているコミュニティカレッジは、比較的学費が安い上に全米で14位にも入ったことのある、コスパの良い大学です。参考に見てみてはどうでしょうか?

おすすめコミュニティカレッジ!アイオワ州のNIACC紹介
おすすめコミュニティカレッジ!アイオワ州のNIACC紹介